みだれ酒 [頭を豆腐にぶつけても効き目がなかった]

みだれ酒 85 ・ [頭を豆腐にぶつけても効き目がなかった]

*
晴れ。新年も、もう4日。早いものだ。こうやってどんどん日は過ぎて行くのだなあ。来年の正月が、うっすらと見えるから恐ろしくもある。気は焦るが、体が動かないのはどうしたものか ? どこに電話しても風邪のオンパレードでつまらないので、床屋に行く。霧吹きの水が頭にしみて脳が縮みあがる。温水にすれば、よいのにと思う。サービスとはちょっとの思いやりだ。眉がだいぶ伸びているからと言うので、切ってもらう。老化現象だろうか。
初詣は行くべきか、止めるべきか、迷った末に行かないことにした。私は、おかしなことに初詣に行かない年の方が調子がよいように思う。今年は巳年、嫌な感じ。寒い日が続くのに参るばかり。 (2013 1/4)
*
晴れ。 (1/5)
*
晴れ。正月も終わりだというのに、エンジンが始動しない。 (1/7)
*
晴れ。
[漱石、伊藤博文暗殺で所感]〈随筆は1909年11月、2回にわたり掲載された「韓満所感」。漱石は同年、満州と朝鮮を旅行。帰国直後の10月26日、自身も訪ねたハルビン駅で、伊藤元首相が暗殺された。随筆では事件に触れてはいるが、「余の如き政治の門外漢は(中略)報道するの資格がないのだから極めて平凡な便り文に留めて置く」として、現地の高い生活水準の感想やアジアへの優越感をつづっている。〉(毎日新聞朝刊 1/7)
…漱石だけでない、だいたいインテリは世間の動きに関心がないのである。改革はいつも下々から始まるものと決まっている。今年は妙に寒さが厳しいように思うが気のせいか ? (1/8)
*
晴れ。フェイスブックとは何者か ? さっぱりわからない。 (1/9)
*
晴れ。 (1/10)
*
晴れ。政府は緊急経済対策を閣議決定した。それによると事業規模20兆円、60万人雇用創出の見込み。安倍首相の弁、「萎縮し続ける経済と決別し、新しい需要が次々と生み出されて雇用と所得が拡大していく強い経済を目指す」。とにかく民主党の何も考えない、何もやらない政府に国民は疲れ切っている。新政権はまず経済の立て直しをするのが先決だ。評価できる。毎日新聞の解説は〈政府は大規模な財政出動で経済を底上げし、税収を増やして財政も立て直す戦略を描くが、思惑通りに税収が伸びなければ、借金だけが膨らむ事態になりかねない〉と疑問視。ではどうしろ言うのか。説明が欲しい。 (1/11)
*
晴れ。薬のネット販売解禁(最高裁判決/11日)で1類まで含まれているのだから、市販薬の販売には、登録販売者どころか、薬剤師も不要ということだ。実際、薬剤師は役に立たない人が多すぎる。利権の上に胡坐をかいていたためである。日本の文盲率は極めて低いし、書籍やネットで今や薬の情報は簡単に得られるから、ネット販売は問題ないと思う。ただ薬害の虞も有るので、線引きする必要がある。 (1/12)
*
晴れ。明日が成人式か ? 今日だと思っていた。 (1/13)
*
雨。 (1/14)
*
晴れ。 (1/15)
*
晴れ。莫迦げた話。人のことじゃない、自分のことである。今朝、ネットに接続しようとしたらつながらないではないか。いろいろ点検したが分からない。もしかしてウイルスかも……の考えが頭をよぎる。最終的はリカバリーして、それで駄目なら修理に出すしかないと決めた。先ずは周辺機器から点検を始める。どこも異常なし。やっぱりPC本体か、と思う。その前に断線というのも有るので、電気屋に物色に行く。帰って来たら3時を過ぎていた。
とにかく配線をすべて交換して、エイッとやってみたが、やっぱり駄目で諦めムードがただよう。それでも懲りずに、いろいろといじくってはみるが効果なし。何の考えもなく、モデムの電源を押してみた。奥に入るではないか ! 抜ける寸前だったのだなあ、と思う。もしかしたこれが原因では、さっそくネット接続してみたら見事つながったというわけである。終わったのが午後5時を過ぎていた。電源のことは”修理に出す前に”書いてあるのだが、今まで”修理に出す前に”で直った例はなかったものだから無視していたのだ。まったくこんな単純なことに気が付かないなんて、どうかしていると思う。莫迦\/しくって話にならない自分に腹が立つ。
大島渚氏死去。大島氏の映画はある傾向があって好きではない。私は映画には思想が極力ないのが、よいと思っている。晩年の氏は声に力が無いのが気にはなっていたが……。討論番組ではいつも着物であった。あの巾着には何が入っていたのだろう。電器屋のついでにブック・オフに寄るが収穫なし。もう少し古い時代のも買い取りしたらよいと思う。高価買い入れでなくとも、捨てるよりましと思う人もいるはずだ。神保町で売値は高くても、買い入れは叩かれるのだからたいしたことはないのだ。 (1/18)
*
晴れ。大阪市立桜宮高校の体罰事件で世間は沸騰中だというのに、今日は愛知県の中学で生徒に塩酸を飲ました莫迦教師がいる。体罰なんて言うのはね、生徒が暴力で向かって来たときにするもので、自分の思う儘に生徒が動かないからってするものじゃない。サーカスの動物調教と間違えている輩がいるのは困ったことだ。論理で説得できないのは教育の敗北である。何故こういう莫迦教師が続出するのか ? 私が思うには学力優先の選考だからだ。学問の出来はそこそこでよい、人格が大事なんだよ、人格が。だいたい大学を卒業したばかりのひよっこが、すぐに教壇に上がるのがけしからん。社会経験を必須にするべきだろう。教師は聖職じゃないんだ、教育と言うサービスを子供に提供するのが職務だというのを頭に叩き込まなくちゃダメだ。教師は偉いという認識が体罰を生むのだ。しかし渡辺美樹氏の考えには反対である。 (1/19)
*
晴れ。昨日、大鵬氏死去。相撲解説者の大鵬氏は知っているが、力士時代の氏は知らない。ところが、大鵬氏の取り組みは見ていたのである。その当時、大相撲のあとは人形劇・ひょっこりひょうたん島をやっており、いつも待ち遠しくってしかたがなかったのを覚えている。少し早めにテレビを点けると、大相撲をやっていて、大鵬がどうのこうのとアナウンサーが言っていた。タイホーは大砲と書くものだと中学まで思っていた。子供の私は大相撲は眼中に無かったが、見ていたのである。相撲を見たのは、輪島が横綱、貴ノ花、大受が大関、関脇が高見山のころからである。横綱・北の富士、琴桜、大関・清国、大麒麟は引退まじかで休場が多かった。それから貴ノ花が二度目の優勝をしたころまでである。貴ノ花の悲愴美を持った若武者ぶりは、心を打たれるものがあった。貴ノ花と入れ替えに出てきた千代の富士も痩身であったが、悲愴美が欠けていた。私にとって相撲は大鵬より貴ノ花であった。白鵬は強い。強さだけなら大横綱として残るだろう。しかしヒーローというには何かが足りない。
(1/20)
*
晴れ。 (1/21)
*
曇り。雪の予報だったが降らず。しかし雪解けのような寒い日であった。「日揮」の日本人社員7名が死亡。日本の常識は世界では通用しない。中東は休火山の日本とは違うのだ。事故死としか、言いようがない。 (1/22)
*
曇り。 (1/23)
*
晴れ。北朝鮮が各実験予告。人類は素晴らしい玩具を発明したものである。 (1/24)
*
晴れ。公明党・山口氏、習総書記と会談。(会談でなくて怪談だ) 尖閣問題について棚上げ論を示したらしい。カメレオン政党だから気にすることはないが、あきれるの一言に尽きる。先ずは尖閣問題というのは存在せず、中国の一方的な侵略行為という認識を示すのが重要である。棚上げなんていうのは、領土未確定も同じで、もしかしたら尖閣諸島は中国の領土ということもあり得るという意味である。こんな時期に中国に行くのがおかしい。喧嘩腰で立ち向かうべきだ。 (1/25)
*
晴れ。公務員の早期退職者現れる。丁度良い機会だから、辞めたい者は、どんどん辞めさせるべし。ドブ掃除と思えば、返って都合がよい。 (1/26)
*
晴れ。 (1/27)
*
晴れ。考えがまとまらないで困る。こういうときは基本に戻ってみるべきだろう。自分のこととなると、客観的になれず、感情に溺れてしまう。 (1/28)
*
晴れ。 (1/29)
*
晴れ。 (1/30)
*
晴れ。女子柔道代表監督、続投方針。新聞には柔道だけでなく、いろんなところで体罰が行われている実態が報道されている。大相撲だけではなかったということだ。昔は当たり前だった体罰も、現代では非常識というのが理解できない指導者が多いからである。神奈川の全県立学校では、児童・生徒・保護者を対象に実態把握調査を始めるらしい。ビクビクしている教員は多いことだろう。池田理代子脚本・「春の雪」を読み終える。今日で一月は終わりだというのに目が覚めない。体罰が必要なのは自分かもしれない。 (1/31)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック