みだれ酒 [玉子焼きがふくれていた]

みだれ酒 88・[玉子焼きがふくれていた]

*
雨。国民栄誉賞― 王・長島(巨人)、大鵬と来れば、昭和40年代前半のヒーローで、巨人・大鵬・玉子焼きの流行言葉が有った。誰が考えたのかは知らないが、子どもの好きなものと言う意味である。語呂がよいのに感心する。今朝の毎日新聞で、よこたしぎさんの漫画はおもしろい。玉子焼きが俺にも国民栄誉賞を寄こせとふくれていた。玉子焼きくらい、日本で愛されている料理もないから、国民栄誉賞を与えてもよいと思う。国民栄養章でもよいだろう。それなら国民不名誉賞も作って表彰したらおもしろい。受賞者が多すぎて、財政破たん、間違いなしである。同じく毎日新聞でドナルド・キーン氏の話。〈ニューヨクのコロンビア大学に入学直後だった。将来について悩んだことがある。同級生たちは、何らかの職に就くという目的があって、授業を選んでいた。だが、全ての職が嫌いだった私には、授業の選択基準がなかったのだ〉
…今では日本人であるが、アメリカの日本文学研究の第一人者であるキーン氏もすんなり研究者の道が決まっていたのではなかったのである。凡人が将来に就いて悩むのは当然だ。天職が見つかった人は幸運である。誰でも天職はあろうが、大抵は見つからないうちに死んでしまう。
べとついて嫌な日。毎年のことながら着るものに迷う日々である。 (4/6)
*
晴れ。[寺山ミュージカル 草稿発見]〈劇作家で歌人の寺山修司(1935―1983)が20代の時に書いた未完のミュージカル劇の草稿が東京都内で見つかった〉(毎日新聞)
…寺山が5月で没後30年と言うから驚く。若くして亡くなった人の唯一の特権は時間がストップして、いつまでも若いままでいられることである。これはどこかの雑誌に載るのだろうか。新発見の資料は研究者が独り占めする傾向はよくない。風が強くて家の中に誇りが舞う日であった。 (4/7)
*
晴れ。「ノーベル賞のメダルは大切にしまい、もう見ることはないだろう」とはノーベル受賞者の山中伸弥氏の言葉である。私も過去のブログを見ることはない。(ちょっとスケールが違いすぎるが)
自分の描いたものを見るのは詰まらない。終わってしまったことは、どうでもよいという考えが私にはあるのだ。近頃、ネットのやりすぎではないかと思う。興味のある言葉を次々と検索して、どうかすると夜中の2時を廻っていることがしばしばある。そのおかげか、テレビを観なくなった。いずれにしてもネットに使う時間は減らしたい。
最近思うのは、とにかくチャンスがあれば臆せずやってみることだ。トライ! トライ! トライ!だ。そのためのは見る前に飛ばなくてはいけない。見たら怖くて飛べなくなる。 (4/8)
*
晴れ。風強し。昨日、サッチャー元英国首相死去。ロン・ヤス時代の人で鉄の女と称された。思い返せば、日本の首相は蒟蒻男ばかりであった。安倍氏は高鉄の男になれるか? (4/9)
*
晴れ。車の保険屋から更新の連絡が来る。毎度のことながら腹が立つのは何故か? (4/10)
*
曇り。テレビがつまらないのは何故か? 情報のツールとしてネットが発達したから、別に観なくてもよいが、昭和時代に比べ、格段と内容は劣っているように思う。テレビがメディアとして地位を確保してしまったから、製作者達はだいたいの努力しかしないためであろう。バラエティ番組には出演者が面白がっているだけで、こちらはちっとも面白くない。こういうのは昔のアメリカ産ドラマにも有ったが、しらけるだけである。アニメをぜんぜん、面白くない。ドラマ性がまるでないからだ。ドラマは俳優が育っていない。動作は大げさすぎるし、言葉に言外の感情がない。久しぶりにテレビを見たけれども、緊急ニュースだけで十分だと思った。放送局に倒産するかもしれないという危機感が喪失したので、駄目になったのである。 (4/11)
*
晴れ。村上春樹ってどうなんだろうか? 今日の新刊発売、神田三省堂古書店では、朝から列を作る騒ぎ。初版マニアとは違うらしい。終戦後、岩波文庫が再刊されたとき、岩波書店を長蛇の列が囲んだという話は聞いたことがあるが、一人の作家でこれほど、熱烈なファンがいるのも珍しい。村上春樹の作品はふにゃふにゃして、噛んでもキリのないチューインガムのような感じがするので苦手。ファジーなところが時代感覚に合っているのかもしれない。自分は鷗外全集と三島由紀夫全集で、もう小説はいらないという感じである。もう小説本は止して、経済関係を見たいが億劫で手が伸びないでいる。 (4/12)
*
晴れ。早朝、淡路で震度6を記録する。近畿地方では阪神大震災後、最大の揺れ。東北と近畿、来る、来ると言って来ないのが関東・東海。こればかりは自然現象でどうにもならない。やっぱり覚悟はしておくべきだろう。 (4/13)
*
晴れ。新卒教員に准免許、試用期間3~5年(自民党案)は評価できる。付け加えれば、教員の3分の1は民間会社経験者が望ましい。だいたい大学を卒業して、すぐに先生、先生と持ち上げるから、逆上せてしまうのである。今思うと、小中の教員はおかしな人ばかりが記憶に残っている。高校になって、やっと普通の人間が少々、現れたという感じである。とにかく教員は学力一点で、世間が狭いから困る。
浅田真央選手、ソチ五輪を最後に引退を表明。引き際は難しい。まだまだと思っているうちに、晩節を汚すことになるのである。そういう人はずいぶんと見たが、本質は意地の汚いだけの人で何ら尊敬する点はなかった。また政治家は晩節を汚す覚悟が必要だ。尊敬されるなどと考えてはいけない。今日は風が強くて雨戸が外れそうだ。 (4/14)
*
晴れ。 (4/15)
*
晴れ。ボストン・マラソンで爆発、3人死亡140人負傷。おそらくテロリストの仕業だろう。世界の人が集まるなかで、アメリカに屈辱感を与えてやろうというのが目的ではないのか。テロリストの醜いのは一般民衆を犠牲にして政府に反省を促す態度である。 (4/16)
*
晴れ。強風。今年になってから髪の伸びるのが速い気がする。先月、床屋に行ったばかりなのに、もうボサボサになっている。 (4/17)
*
晴れ。 (4/18)
*
曇り。15日の連続爆破テロ事件で、防犯ビデオから容疑者を特定。流石に米連邦捜査局はやることが早い。日本のテレビ放送各社は、圧力鍋爆弾の作り方を流したという。理化学の知識の有る者ならば、途中まで見れば分かってしまうのではないのか? 肝心なことは伏せて置いて、やらなくよいのを情報公開する。視聴率獲得ばかりが頭に有って、モラルがなくなってしまっているのだ。
厚労省によると、医薬品登録販売試験の不正は1000人超えらしい。大学の不正は一人でも新聞に載るのに扱いが小さすぎる。これほどの不正がまかり通る試験も珍しく、もはや試験を課する意味も無くなったとみるべきだ。1000人も不正している(できる)のは当局の方に問題がある。発覚したのは内部告発によるものだろう。そうでなければ絶対にわからない。おそらく3000人以上は不正受験と見てよいだろう。不正に関しては罰金を科すなどの対策が必要だ。
円安で電気、ガス料金が上がるらしい。プロパンガスの料金は不透明で困る。国で基準を作成するべきだ。
雨が降りそうで降らない。寒い日であった。 (4/19)
*
曇り。〈モノを見た瞬間にいいか悪いかを五感で判断することが大切なのです。歴史を学んでいれば判断に役立つ。疑問点があれば後で文献にあたって調べる。このようにして感性を鍛え、知識を頭の引き出しに入れてきました〉とは中島誠之助氏の言葉。(4/19・毎日新聞夕刊)。 続いて〈立派な箱に入って鑑定書がついている品物は駄目な場合が多い。それ自体に訴える力がないから、ニセモノには伝承やいわれなどの語りが多い。形も悪いし独特ないやらしさがありますね〉
…人間についても言えることだ。本物か、ニセモノかは深みがあるか、ないかの違いだろう。学歴だとか、職歴の優劣で人間を語る人は人生が浅い。自分を磨く努力を怠り、衣で威圧するような浅薄さが漂っている。こういう人がなんと多いことか。中島氏はいいはなしをしますねえ。三月初めの寒さ。冬物はまだ活躍しそうで油断ができない。 (4/20)
*
曇り。2月の寒さで驚く。東日本では降雪のところも。 (4/21)
*
曇り。今日もかなりの冷え込み。麻生副総理が靖国神社に参拝したことで、韓国外相の訪日が中止となった。新聞は大騒ぎしているが、大したことではない。どうせ土産に、経済援助を持って帰るつもりなのだから、来なくて幸いである。来なくて損をするのは韓国であるから、日本が心配する必要はない。 (4/22)
*
曇り。[最多169議員が靖国参拝 中韓反発の可能性]
〈超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は23日朝、春季例大祭が行われている東京・九段北の靖国神社を集団参拝した。参拝した議員は衆参合わせ169人で、記録の残る1989年以降で最多。〉(毎日新聞夕刊)
…閣僚の参拝が無いのは残念だが、これが本来の有り方である。中韓はどのような反発を目論むのか、楽しみである。くれぐれも犬や雉などの小動物が犠牲にならないのを希望する。
自分は空振り三振の情けない日となった。今日の失敗は忘れて明日から出直しだ。日中は暖かいが、夜になって冷え込む。 (4/23)
*
曇り。昨日の空振り三振が効いている。忘れるのは意外と難しい。もっとサバサバした性格ならよいと思う。頭は床屋に行ってサバサバした。 (4/24)
*
晴れ。落ち着かない心境である。とにかく焦らないことだと思うが、しかしそうも言っていられない。解決の方法が見つからない。 (4/25)
*
晴れ。谷垣法相が2カ月で2度目、2人の死刑執行。犯行は極悪で異論なし。新聞は早いペースで執行が続くことを懸念しているが、法治国家で死刑制度が有るのだから、手続きを踏めば何ら問題はない。執行数が多いと思われているのは、今までが少なすぎたからである。連休前で世間がざわついている。 (4/26)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック