浜尾四郎著・殺人鬼

浜尾四郎著(ハヤカワ・ミステリ/昭和6年「名古屋新聞」・初版昭和7年春陽堂)

またもや再読。浜尾四郎著「殺人鬼」。犯人は知っているのだけれど、いったい全体、○○が画像どういうわけで殺人鬼になったか忘れていた。
その前にちょっと早川ポッケト・ミステリについて。今回、読んだのはもちろんポケミス(通称)である。ペーパーブックみたいな感じの叢書で洒落ているのだ。安っぽい紙がページをめくるとパサパサという感じがなんともよい。日本ではこういった本が他にないのがつまらないと思う。私は探偵小説ファンでないから「殺人鬼」一冊きりしかもっていない。今の新書なんかより余程よい。さて、この叢書、翻訳物が当たり前なのだけれど、日本人作家の手による作品がなぜか三つあるのだ。
○小栗虫太郎 著・「黒死館殺人事件」
○夢 野 久 作 著・「ドグラ・マグラ」
○浜 尾 四 郎 著・「殺人鬼」 …の三冊である。「黒死館殺人事件」と「ドグラ・マグラ」は探偵小説ファンなら読破しなければならない必読の書だろう。私はそうじゃないから良かったと思う。実は両方挑戦したことがあるのだけど、さっぱりわからないので投げ出したのである。
「殺人鬼」は大衆性があって、読みやすいのだ。この長編小説、最後まで読者を飽きさせない構造なのである。乱歩みたいな凝ったからくりがないのがよろしい。ところが浜尾四郎は早世したせいか、文庫も少ないのだ。私は別のも見たくなったが仕方ない。そのうち出ることを期待しよう。

読者よ、想像してくれたまえ、その惨劇の光景を !! … 探偵小説によくあるスタイルで「殺人鬼」も例外でない。語り手が読者に共感を求める、あるいは一緒に推理していこうではないかと参加を促すのだ。(私は面倒だから、推理しないのだ。)今でもこういう書き出しをする作家はいるのだろうか。レトロな感覚がいっそう作品を引き立てる。銀ブラ、女給、頓服薬、タイプライター、ヴィクトローラ … 昭和テイストがただよう用語の数々。通俗小説のおもしろいことの一つは時代の風俗絵巻であると思う。それも作家に才能があれば我々の精神は容易にタイムスリップできるのだ。

昭和初年の東京、秋川製紙会社元社長秋川駿三の豪邸にタイムスリップしてやろう。
まあとにかく大きな家で、高い石塀の内側には池があり、森があるのだ。読者よ、想像してくれ給え、邸の中に森がある家を、いかに大きいか !! あれれ、真似しちゃいかんのだけど、本当なのだ。この家じゃ、化け物が出たって不思議はないのだけれども。手始めに駿三の妻が毒殺されたのをきっかけに次々と家族が殺害されていくのである。
この殺人鬼、非常な知能の持ち主でほんのわずかな隙を狙って犯行を重ねていくのだ。それにしてもこの家の長女ひろ子さんという人、綺麗な方で持ち帰りたいのだが、やめとくべきか。現代に来たらおばあさんになってるに決まってるから。いやそれは関係ないので、この殺人鬼を迎え撃つのは警察(高橋警部・奥山検事)と探偵藤枝慎太郎、探偵林田英三である。この三者、時には反駁し、時には協力し推理を展開するのだが、一向に犯行は止らないのである。

ああ、邸の二階の応接間に集まっているな。警察も秋川一族も、藤枝も林田もいる。ガラス窓に映っている。いったい何ページあたりに来てしまったのだろう。
この犯罪は、秋川家の忌まわしい過去の秘密が鍵なのだ。教えてやりたいがおせっかいはやめよう。この作品のすごい所は二人の名探偵の推理合戦だと思う。二人とも数々の怪事件を解決して新聞(小説の中の新聞)でもおなじみである。ここで言う探偵は空想の職業で、現実には殺人事件に民間人が介入するのはあり得ないのだけれど、知性と行動力が魅力なのだ。私もこんな自由業でみんなに尊敬されたいものだが、ジョセフ・スミス事件つまり「風呂場の花嫁」くらい知らないと無理なようだ。私は知らないのだが探偵小説ファンのうちでは有名な事件であるそうだ。「殺人鬼」には乱歩や横溝にあるようなゼンマイ仕掛けの犯罪がないところがよいのだ。

おお、みんな応接間から出て行くぞ。なんだか陽も落ちてきた。こんなところでお陀仏さんになったら、あっちで失踪騒ぎになるだろう。銀ブラもしないで行くのは残念だけれどしかたない。
では、帰るとしよう。

"浜尾四郎著・殺人鬼" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント